2台の防犯カメラ

普及している

パソコンと鍵

空き巣をシャットアウト。ネットワークカメラで防犯・監視の目を光らせ、アナタの自宅を守ります。空き巣タブー特集はコチラから。

監視カメラとはどのようなものか

最近、監視カメラは安易に取り付けられるため各家庭で普及して来ています。購入先は専門業者、ホームセンター、家電量販店、インターネットなど様々な場所で購入でき、簡単に設置することができます。監視カメラの設置自体は安易に行えるのですが、どのように取り付けるのかや映像をどのぐらいの期間保存するのかなど様々なことに対して自ら設定するのは非常に難しいことになります。この場合、業者に依頼して行ってもらった方がスムーズにできるかと思います。すべてを業者に依頼するとなると高額なものになりますが、自分で安価で購入して来て設置だけしてもらえる施主施工というサービスもあります。監視カメラ自体は電源と映像ケーブルが必要になるためケーブル類が複雑になり、筐体が大きくなるという傾向があります。

ネットワークカメラの仕組みについて

ネットワークカメラは監視カメラとは違い、ケーブルがLANケーブルのみで構成されており、ネットワークを介して制御できるということになります。ネットワークカメラの電源供給もLANケーブルで行うことができ、PoEという形式を利用して電源と制御ができるようになります。このように筐体をコンパクト化することにより、ネットワークで構築するようにでき、複数のネットワークカメラを制御できるようになります。パソコンと同じようにルーターやハブを使うことで複数のネットワークカメラを制御することができ、また、パソコン一台ですべてのカメラを管理することができるということになります。このシステムはあまり知らせていないのですが、価格帯が監視カメラに比べて高額になるため購入されている方が少ない傾向になっていますが、スペースや管理を考えるとネットワークカメラをオススメします。

注意しておきたい家の防犯

大きなドア

空き巣やストーカーなどの不法侵入者がよく狙う侵入経路の一つに窓が挙げられます。何も対策が練られていない場合は被害にあう確立も十分に上がるでしょう。グッズで対処できます。

Read more...

価格を知る

錆びた鍵穴

防犯に強い製品は、実に多くのメーカーから販売されています。家を犯罪から守る為に設置している人もいるでしょう。特に窓に行なう防犯対策グッズは種類や値段も違いますので入念に検討します。

Read more...

増加している

古いドア

全面的なリフォームではなく、最近は部分的に行なう人が増えています。またドアの補修など劣化の為にする人もいますが住宅の強度を上げる為にも必要なものになるでしょう。上手に活用していきます。

Read more...

このエントリーをはてなブックマークに追加